それから水商売を始めた理由や、彼氏が出来てもなかなかうまくいかなかった事、漏れのパーソナルな事等を
心ゆくまで語りあった。今までずっと我慢していた自分の事をようやく話すことができた。決して一方的に
ならないように気を付け、質問に親切丁寧に答えてあげるような感じで。

それからお店を出て彼女の部屋へ行き(ry

夕方起きると味噌汁のいいにおいと包丁の音が聞こえた。

と同時にOL嬢から着信とメールが入っているのを確認し、これからどうやっていこうかを悩んだ。

最終章:完


キャバ嬢攻略法を探すなら → 恋愛テクニックブログランキング
無料メルマガを読むなら → 大好きなキャバ嬢を口説き落とす方法